最初の人がタイプ – 一生懸命働くキレイな女性(看護師、教師、OL…)は自分がパンチラしている事に気づかないほど仕事に夢中。その無防備なパンチラが男の勃起を誘発!

一生懸命働くキレイな女性(看護師、教師、OL…)は自分がパンチラしている事に気づかないほど仕事に夢中。その無防備なパンチラが男の勃起を誘発!

成人向けコンテンツを取り扱うアダルト総合サイト。

18歳未満の方のアクセスは固くお断りいたします。

「一生懸命働くキレイな女性(看護師、教師、OL…)は自分がパンチラしている事に気づかないほど仕事に夢中。その無防備なパンチラが男の勃起を誘発!」の本編動画はこちらから

1人30分しかないのに前段が…

浜崎真緒さんや紗々原ゆりさんが出演。

時間短い上に前段が入るので、必然的に責めが淡白に。

日常風景中のパンチラからの流れを堪能したい人はどうぞ。

ジャケ写の目線は邪魔でしょうがない。

いまどき

浜崎真緒と紗々原ゆりだけです。

1話が短すぎる。

女優さんを多く使えばいいっていうものではない!

最後のOLさんがタイプです!

最後のショートヘアーのミニスカOLさんが可愛いくて、ムチムチの足が綺麗で、足とパンストとヒールがめちゃくちゃ臭そうでエロかったです。

臭すぎる足にはりついた、ベージュパンストとスカートとヒールが更に足を臭そうに見せているのが良かったです。

パンストに爪先、足裏の汗臭い悪臭が染み込んで、短いスカートなので、臭い足が丸見えだったのもめちゃくちゃ興奮しました!自分の職場にも、美人で優しくてタイトミニ&ベージュパンストで足が臭すぎて仕方がない同僚がいたら毎日勃起してしまいます!

浜崎真緒と紗々原ゆりだけ

プロ野球に例えれば、一軍が浜崎真緒と紗々原ゆりの2人だけ、6人は二軍か育成というところですね。

いかにも女優の抱き合わせ商法がミエミエです。

このタイトルなんやから、パンチラでドキドキする色気が二軍の6人にはまるでない。

不動産会社で生足ってありえへんわ。

不動産会社行ったことないのか?と製作者に聞きたい。

当初の目当ての浜崎真緒の剛毛&パンストで抜きたかったのに、まさかのバック中出し…間抜けにも程がある。

紗々原ゆりの白パンスト尻もちょこっとだけやったし。

肩透かしを絵に描いた作品でした。

いろいろとシンプルすぎる

まずテーマがすごくシンプルですよね。

「パンチラ見て、勃起したら相手も興奮してHできました」という、多くのメーカーでもう使い果たされ過ぎた王道のシチュを敢えてこのタイミングで使ってきたのが逆におもしろいと思いました。

このパンチラ目撃シチュは私も嫌いではないので、テーマ自体は全然問題ないのですが、演出や舞台セットまでシンプルにしてはダメだろと思います。

要は全てにおいて粗雑ということです。

まず、演出ですが、当作品は登場女優が8人と、最近のHunterにしては多い人数を収録していますが、そのためか、極端な詰め込み演出となっており、導入から本番までの流れが早すぎて、展開が急すぎて不自然な演出となっています。

過去にもパンチラを目撃→勃起→勃起がバレる→相手も興奮→SEX、という流れの作品は同メーカーからも多く出ていますが、ここまで急な展開ではなかったですよ。

SEXシーンまでに30分くらい時間をかけて男女が互いに興奮を高めていくのが定番で、その長すぎるくらいの導入シーンが視聴者の興奮も高めていたのに、あまり呆気なさすぎて興醒めです。

また、「様々な働くお姉さん」と言っていますが、普通にOLだけで4人も被っているし、バラエティに富んでいるとはとても思えません。

また舞台セットの作りも粗雑すぎます。

特に5、6人目との絡みで使われた舞台は適当な古屋に段ボールや事務机をぶっ込んだたけのように感じるような安っぽい作りで、6人目の舞台においてはさらに薄暗さも加わって、非常にチープな感じに思えました。

10/19発売の他のHunterの作品では非常に高いクオリティの作品もあったので、何で同じメーカーでここまで差が出るのか不思議でなりません。

あと浜崎真緒ってまだいたんですね。

相変わらず下品な演技だなと思いました。

最初の人がタイプ

最初の人がタイプで、他は全然好みじゃないのですが、買った分ぐらいは良かったかな。

「一生懸命働くキレイな女性(看護師、教師、OL…)は自分がパンチラしている事に気づかないほど仕事に夢中。その無防備なパンチラが男の勃起を誘発!」の本編動画はこちらから