フェチシストの偏見 – 「可憐」 1年1組 出席番号36番 あやな

「可憐」 1年1組 出席番号36番 あやな

少女は、無垢であるが故に可憐…。

むせ返るような暑さの中に佇む、キミの姿が愛おしい。

情事に歪むキミの顔、少女のキミが濡れた秘部をさらけ出し、溢れる蜜をススり取る。

幾度も自分の反応を否定するキミの恥かしげな仕草が、かえって欲情を高めてしまう。

とどまることのない欲情を、その無垢で可憐なキミに、どうか受け止めてほしい…。

「「可憐」 1年1組 出席番号36番 あやな」の本編動画はこちらから

フェチシストの偏見

テニスウェアの女の子をじっくり、ゆっくり、撫でて、しゃぶって、少しずつ脱がせて、挿入!最後にお口に発射します。

女の子がずっと黙ったままなのと、ブラとパンティを完全に脱いでしまわないのが私の好みですが、アンスコを穿いていないのが残念です。

「「可憐」 1年1組 出席番号36番 あやな」の本編動画はこちらから