やはり – 生中痴●12 半外半中SP

生中痴●12 半外半中SP

シリーズ第12弾は全編‘半外半中発射’でお届けする特別版!満員電車で忍び寄る痴●師に無理やりイカされ、感じさせられる女たち。

そして自分の意思とは裏腹に濡れたマ●コに生肉棒を捩じ込まれると…声を堪え、膝を震わせ、何度も中イキを繰り返す!最後は「半分膣内」「半分膣外」で本物中出しを余すことなくお見せします。

「生中痴●12 半外半中SP」の本編動画はこちらから

流石、ナチュラルハイ作品

擬似中出しをしているクソみたいな制作会社が多い中、やはり信用出来るナチュラルハイ。

安心して観ていられます。

痴●モノでは他を一歩も二歩もリードしていますね。

今回も出演女優さん達のレベルは高く、皆さん可愛いですね。

私のお気に入りは常連とも言える宮崎あやさん。

手マン、生チ◯ポ挿入でこれでもかと吹いちゃってます。

擬似中出しで騙された方これは本物ですので、購入をお勧めします。

いつも通り

シリーズいつも通りの安定感です 現状このジャンルの作品ではこのシリーズが鉄板じゃないでしょうか

真正中出しについて

痴●ものは、お目当ての女優さんが出ているもの以外は好んで見ません。

今回の視聴は、1話目の今宮なな(白石悠)さんが目当てでした。

特に中出し解禁作の見当たらない今宮さんの、貴重な真正中出しが見れることを期待してのものです。

しかし、内容が内容なので撮影に制約はあるでしょうが、その結果はどうにもこうにも不満の残るものでした。

先ず中出しした際の結合部が見えません。

ピストン中は横からのショットで全く見えず。

発射した際、股間を映すのですが、既にペ〇スは挿入されていない状態でした。

半中半外として尻射して、確かにペ〇スから精子は出ている様でしたが、ペ〇スを抜くところが映されていないので、極端な話、素股をしていたとしても分かりません。

(その際はチツ内の精子は仕込み。

)あと、中出しした際に今宮さんの表情が全く映されていないのもがっかりしました。

ナチュエラルハイに多い描写の仕方かもしれませんが、とにかくひたすら部分接写、それも超どアップのもの。

今回も尻の方から全体を煽るようなショットはありましたが、中出しの際は顔がほとんど映らず、後はひたすら股間のどアップのみ・・・。

顔のショットも、申し訳程度に挿入されていましたが、これも顔のみの部分映し。

作品内容は、有り得ないという言葉を使うのもおこがましいくらいのファンタジーなんですけど、一応は、見知らぬ強●魔(痴●じゃないでしょ)に中出しされてしまったという、絶望感なり虚脱感なりを表現した表情や体全体の反応を見たいのに、ひたすら股間のどアップ・・・。

いや、マ〇コは全てを語るのかもしれませんけど。

(笑)辛め点数ですが、申し訳無いですけど2話目以降は見ていませんので、評価は公平さを欠くかもしれません。

あと一歩で星10でした!

長谷川夏樹さん、なつめ愛莉さんなど綺麗どころに半外半中、真性中出し!大興奮!!!!! 男優の顔にモザイクがかかっていなければ星6つでした。

どんな男に中出しされてるかを見たいのにモザイク要らねっ。

電車の中で裸にされるファンタジー痴●巨編(笑)

5人の俺タイプ女性ばかりチョイス!ありがとうございます。

裸にされる女性、されない女性がいることに不思議を感じますができることなら全ての女性を裸にしてほしかった!今回の電車は動いていた。

窓の外の景色も完璧です!揺れることでのアクシデントも用意されていて楽しめました。

5人目の被害者は涼川絢音さんです。

他の4人と違い周りの人間が全て痴●。

基本的にひとりがいい思いをするのですが、胸を触ったり視姦したり…俺も視姦してま~す(笑)周りの痴●フォーメーションが完璧です。

雑誌を広げて絢音さんを隠す。

男優がセ●クスを開始すると後ろを向いて?…変だろ!視姦しないと凝視しないと、まあ契約で見ないことになっているのでしょうwパッケージにあるように、全ての女性を裸にしてほしかった!その方がありえないファンタジー痴●として見れた。

半外半中は嘘がなくて良いよね。

…隠れ涼川作品でもあるので★4です!

今宮なな/なつめ愛莉/来栖みさ/宮崎あや/涼川絢音……………………………….

きっちり半外半中してます

やればできるじゃないですか、ナチュラルハイ。

これからも半外半中シリーズをお願いします。

いつもの

いつものシリーズ。

全裸にさせるのは悪くは無いが、全体的に目新しさは無い。

やはり

中出しは真性に限る。

中出しは半外半中に限る。

糞なファンタジーザーメン中出しメーカーは駆逐されて真に中出しするメーカーに勝ち残って欲しい。

「生中痴●12 半外半中SP」の本編動画はこちらから