【音あずさ】稀にみる秀作 – 屈服性裁 犯●れた社長令嬢 音あずさ

屈服性裁 犯●れた社長令嬢 音あずさ

言わずと知れたアパレルブランド「OTO」の社長令嬢・逢子。

豪邸で暮らす彼女には多くの使用人が仕えており、その中のひとり小沢は幼い頃から逢子の面倒を見てきた。

甘やかされて育った逢子は、小沢に対しては特に当たりが強く、ワガママばかりで常に小沢を困らせていた。

言い返せないのをいい事に年下の生意気な小娘に振り回され続けてきた小沢は、とうの昔に我慢の限界を超えていたのであった。

「屈服性裁 犯●れた社長令嬢 音あずさ」の本編動画はこちらから

女優名: 音あずさ

責めが単調

カラミは3回あるがイマラ以外に責めらしい責めがない。

もう少し日頃たまったうっぷんを晴らすような激しさがほしい。

カメラワークもやや引いたところからのアングルばかりでつまらない。

音あずさ はじめまして

小ぶりのお乳で乳首がつんと主張していて、すばらしい。

にらみつける眼差しが、すばらしい。

見ていて虐めたくなるので、すばらしい。

全体的に、すばらしい。

カメラアングルは、イマイチ。

非常に評価しづらいが、最後まで見てしまう何かがある。

特に惹きつけられるカラミがあるわけでもない。

けれど、最後まで持続する緊張感と架空世界。

安物のAVならば、最後は令嬢の方から求める流れだが、この作品は心と裏腹に最後まで自分を貫き通したというところが、これまでになかった作品と言えるだろう。

評価は難しいが、作品としての出来映えに星4つとしたい。

最後には屈服してほしかった

最初に威張ってる態度から、最終的には屈服して隷従するまでのプロセスを見たかったんだが、最後まで一本調子でした。

お嬢様の強固なプライドが見れてよかったと思えなくもない。

音あずさは、前髪を下げたこのヘアスタイルだったら、非常に美形です。

前髪女優なんだな。

体がスレンダーでアバラが見えてるのは非常にいいです。

お嬢様が妙にグラマーだったら興ざめだからね。

稀にみる秀作

音あずさ さんの作品を観たのは初めてでしたが、まさかここで理想郷に出遭えるとは・・正直ジャケット写真のあずささんは私の好みではなかったのですが、令嬢モノということで視聴そしたらどうでしょう!!表情からスタイル、胸の大きさ・・すべてがドストライク。

ストーリーもありきたりの最後乱交モノではなく、終始1対1で繰り広げられ、妙にリアル感があった。

個人的には、中盤やむなく服従したお嬢様が身体を洗ってくれるシーン、そして最後の絡みでお嬢様の吐息がこれまでと・・というところで興奮素晴らしい秀作でした!!

「屈服性裁 犯●れた社長令嬢 音あずさ」の本編動画はこちらから