【進藤みく】いいイラマチオだが,発射が惜しい。 – お仕置きと精飲2 進藤みく

お仕置きと精飲2 進藤みく

美少女の被虐的放課後!!毎日科せられるお仕置きと義務付けられた肉体奉仕。

長時間のバケツ持ちで尿意を訴えるものの却下され、反省が足りないと電マ責めで失禁。

さらにお仕置き懇願を強要し、尻肉が腫上がる程のスパンキング!

「お仕置きと精飲2 進藤みく」の本編動画はこちらから

女優名: 進藤みく

本物

進藤みくは間違いなく全ての凌●プレイで興奮しています。

ビンタメインのチャプターで女優からおねだりしているにも拘らずハゲ男優がビンタを止めてしまうのと、タイトルのわりには精飲が少ないのが残念。

あと、好みの問題ですが進藤みくの顔と体がもっと良ければ・・・・。

辛目の「普通」です。

もう一工夫と、女優・・・

責めの内容はおおむねいつもの中嶋興業のパターンであり、一通りの責めはそろっている。

しかしながら、評者のこだわりがあるビンタについて言えば、女優を立たせて「気合をいれてやる」との大義名分で現実の体罰っぽく演出しているのだが、最後の一工夫が足りない。

まず服を着ていないのが現実のお仕置き感をそいでいる。

次いで髪の毛がビンタの瞬間に顏にかかってしまっている(ビンタの瞬間に頬にかかる髪の毛は、スープに浮かんだ髪の毛みたいな存在である。

)。

女優にはかなりのマゾっぽい雰囲気があり、叩き方も割と強めでビンタ音も良いが、申し訳ないが評者はこの女優では勃たなかった。

「お仕置き」シリーズの11、3、7といった名作が懐かしい。

やはりお仕置きビンタの価値は叩き方の強さよりも女優の可愛さに左右される面が大きいようである。

いいイラマチオだが,発射が惜しい。

女子校生に学校で小芝居してお仕置きするシリーズ。

制服やブルマ多め。

1シーン目は今時ないでしょうが,廊下に水の入ったバケツを持って立たせているところに電マ責め。

2シーン目は保健室でお尻を叩いた後仁王立ちイラマ後挿入。

最後は口に向かって発射しゴックン。

3シーン目はロッカーで仁王立ちイラマ3発。

3人とも男優が早めに腰をピストンするしっかりするイラマですが,最後は口から離して口に向かって発射しゴックン。

4シーン目はブルマ姿で鼻フックし,それを引っ張って床をぞうきんがけ。

5シーン目は職員室で仁王立ちイラマ。

太い男性器をえづき汁たっぷりで深くピストン受け入れていて,音もゴボゴボいい音立てています。

ここも最後が口から離すのが残念。

6シーン目は教室で首輪をつけてセックス。

最後は中出しで,取り出した精液をゴックンしてエンド。

「お仕置きと精飲2 進藤みく」の本編動画はこちらから