【舞島あかり】「しょうがないなぁ」と言うテンションで咥えるところがエロい。 – 父親のプライベートビデオ 大家族10人連続セックス、一人娘とお兄ちゃん&お父さんの朝性活 舞島あかり

父親のプライベートビデオ 大家族10人連続セックス、一人娘とお兄ちゃん&お父さんの朝性活 舞島あかり

大家族の長女・20歳のあかり。

一見ごく普通の女子大生の彼女には驚くべき家庭の秘密があった…。

父親が撮影するホームビデオに映し出される家族の日常。

当たり前のようにカメラの前で性交を繰り返す7人の兄弟、そして父親!舞島家ではあかりが性処理をし、家族で交わることが当たり前の光景なのだった!乱交家族相姦が育む歪んだ家族愛!

「父親のプライベートビデオ 大家族10人連続セックス、一人娘とお兄ちゃん&お父さんの朝性活 舞島あかり」の本編動画はこちらから

女優名: 舞島あかり

大家族の兄弟に…

朝の忙しい中で次々と責められるあかり嬢…兄弟達の言いなりになりながら兄弟達のチ○ポを堪能する内容であるが…やっぱ朝の忙しい時の絡みとあってバタバタ間がハンパない感じで…興奮度上がりませんでしたよっ!…もうちょっと落ち着いた感じで兄弟達のチ○ポを食べまくる姿が見たかったなぁー…

こんな娘欲しい!!

最高です!舞島あかりが朝から版まで家族にやられまくる。

なんて言う羨ましい妄想の世界なんだ!

「男だらけの家族」シリーズのその後を狙ったか?

最近になって知った旧作のSODクリエイト「男だらけの家族」シリーズにはまり、同様な状況設定の他社作品を探して、今回この作品「父親のプライベートビデオ」の2作目を購入した。

このh.m.p作品は「男だらけの家族」シリーズ(全3作)の1年~4年後に制作されており、「男だらけの家族」の全作品を意識して制作されたと思われる。

一人娘の性格で比較すると「男だらけの家族」シリーズ2作目の「一の瀬のの」に少し似ている。

高校生だったののちゃんが数年後に大学生になっていたら?という設定なのかと最初は期待した。

しかし、一の瀬ののが演技の不足で一部のユーザーさんに「嫌そうな顔にみえる」と評されているだけなのに対して、この作品では嫌がっているのは表情だけでなく明瞭なセリフまであった。

家族構成も大家族の一人娘で似ているかと期待したら、全く違った。

母親は作中に登場しないが、亡くなってはいない。

父親の「ごみを捨てないとお母さんに怒られるぞ」というセリフで母親の存在を臭わせて、その後の娘のセリフ「お母さんは温泉に行っている」で明確になった。

本作で射精後のお掃除フェラが少ないのも、「男だらけの家族」シリーズで必ずお掃除フェラしていたのと違った。

本作で2番目に長い、3つ目のパートでの3Pセックス最中の兄たちとの軽妙な会話が大変に面白かった。

同部屋に末っ子の七男も寝ていたが、兄たちから子供扱いで見学させられる。

最後のパートが1時間近い最長のもので、次男と父親との3Pセックス。

時間をかけて往かされるようになる娘の迫真の演技が素晴らしく、この作品中では最高の見せ場になっている。

しかし、AVのモザイク処理が邪魔をして、せっかく局部アップしても全く見えないので抜きどころとは程遠かった。

「大家族10人連続セックス」という本作のタイトルは間違っている!または誤解の元。

10人とはその家族の人数を指しているだけで、10人の連続セックスを意図したのではなかった(苦しい言い訳だが)とも言える。

「父親のプライベートビデオ」の1作目はサンプル動画だけ見た感じでは、一人娘の性格は「男だらけの家族」の1作目に似ている。

同シリーズとの相似性から予想すると、h.m.pから3作目が2019年内に発表されるかも知れない。

その際は、撮影のアングルはモザイク処理にも気を配って、抜きどころを損なわないようにして欲しい。

髪型が・・・

企画としては次から次へと男どもの性欲のハケ口にさせるさまはエロいしいいのですが女優の髪型が地味に後ろで縛るだけでしかも全て同じ髪型主婦系や熟女にはいいのかもしれないがギャルでありゴージャスなロングヘアが魅力でもある彼女には地味すぎる髪型は似合ってないし、とても全編で採用するベストな髪型とは言えない役柄(主婦業)にこだわり過ぎて彼女の良さ(エロさ)を抑えた形になったのは残念

作風はかなりよくなった

なんか評価厳しいみたいだけど、超駄作だった霧島さくら作品に比べれば断然いい。

家族全員の朝の支度で大忙しの長女が日常生活っぽさを演出しており、そんな都合なんてお構いなしにチ○コをツッコみたがる男家族たちとのギャップが効いている。

仕事とか学校なんてどうでもいいよねって感じになると、いかにもAVっぽくなっちゃうのでNG。

JD設定なのだから「私だって授業に遅刻できないんだからね!」って怒りながらも家族全員のセックスの相手はしっかりこなす長女のツンデレ感が最後まで出ててよかったのだが、最後がやり棄てでなんとなく終わってしまったのがNG。

急いで身支度を整えて出かけるとか、最初の授業を休むことにするとか、日常との何らかのすり合わせが欲しかった。

こういうのはディテールにいかにもAVっぽいいい加減さが出てしまうと雰囲気が壊れるってことを意識してほしい。

しょせんAVなんだからテキトーでいいじゃんっていうのは作り手の甘え。

金かけずに作りこめるところは手を抜かずに作るべき。

最後くらいは暴走中出しが欲しかったなっていうのと終わり方がいまいちだったのが減点だけど、霧島さくらバージョンよりははるかによくなったので、割と高評価。

流石

野性味溢れるセックス最高。

本作品はストーリを無視してプレイの鑑賞に徹すれば最高!

「しょうがないなぁ」と言うテンションで咥えるところがエロい。

妹が男家族の性処理をすると言うあり得ない設定でありながら、リアル感のあるやり取りが所々見られる為、妙にエロいです。

舞島あかりさんの顔やスタイルも良いので、単純に綺麗な女性の性行為を観ると言う意味でも良いです。

「父親のプライベートビデオ 大家族10人連続セックス、一人娘とお兄ちゃん&お父さんの朝性活 舞島あかり」の本編動画はこちらから