【篠崎かんな】拘束の極み – こんな女を犯りたかった!密室拘束Gカップ 篠崎かんな

こんな女を犯りたかった!密室拘束Gカップ 篠崎かんな

「あの…やっぱり撮影ヤメたいです…」ジメ~っとした怪しい密室に監禁拘束…。

変態オヤジと二人っきりで暗闇の中SEXだけに没頭し次第に開放されてゆく女の性欲。

普段はお堅い医療事務のOLがカメラの前で迫力のGカップ爆乳と肉感抜群の神尻を惜しげもなく揺らし絶頂を繰り返す!

「こんな女を犯りたかった!密室拘束Gカップ 篠崎かんな」の本編動画はこちらから

女優名: 篠崎かんな

拘束の極み

今作では、芸術的とも言える”弛んだ肢体”の”篠崎かんな”さんが”医療事務OLかんな(23)”として素人からAV女優として撮影デビューする娘として出演表パケのタイトル・煽り文句で、ナイス!と言いたくなる出来で、裏パケで作品内容を納得という一昔前の完成度です(褒めてます)作品のテーマは”いかに素人さんがAV女優デビューをする際の不安から解き放たれ恥態を晒すか”という女優の姿の表現が伝わるかなのだが、かんなさんの表現を楽しんでもらいたい。

冒頭から、自らの居場所・衣装・拘束に不安全開なかんなさん素人感満載の反応を魅せるかんなさんへ、物理的な拘束は手枷の他に、精神的な拘束として職場絡みの言葉責めを施しつつ展開会話のやりとりで成立させていくエロ行為と、そのご褒美の愛撫を”飴と鞭”で展開するのが素晴らしいここからの嫌がるかんなさんが絶妙フェラのくだりは更に絶妙”手コキ”すら単なる行為で終わらせず、褒めと辱しめで精神的に凌●物理的拘束と精神的拘束で口内凌●し受け入れさせる素人がAV女優に変わる様が見てとれるする→させる→する…というやりとりが絶妙な作品は、なかなか見られない全編を通して、かんなさんの入り乱れる感情で描く表情が作品の良さでしょう手枷と網タイツ姿では物理的拘束と精神的拘束、更に辱しめ、褒められながら、凌●されつつ、興奮から従順に指示に従い、恥態を晒す”おもらし”は必見であるイカセまくられ、向かえた挿入は乙女の様な反応をしたかと思えば、妖艶に自ら腰を振るかんなさんもはや、ここで完全にエロさMAXなかんなさんへの”止める”アプローチからのおねだり・乱れっぷりには、素人が見せた嫌がりはなく、1人のAV女優の誕生をみるフィニッシュの”嫌がる中出し”も絶妙かんなさんの放心っぷりに拍手続く、浴室ローションオナニー、目隠し恥辱弄りでは、素人感は皆無目隠し解除後のプレイは、まさに”性欲開放”ここからのイカセまくられ、ぐったりしていくかんなさんは必見そして、フィニッシュの男優が動かないパイずり締めは、ここまで培ってきた男女のやりとりの極みとなり、ぐったりしてるかんなさんが必死に続け、男優との射精やりとりは絶品エンドシーンは無いが、最後の男優とのやりとりが良い締めとなる作品久しぶりに”拘束”という設定の素晴らしい作品

「こんな女を犯りたかった!密室拘束Gカップ 篠崎かんな」の本編動画はこちらから