【澤村レイコ(高坂保奈美、高坂ますみ)】前作と比べると。 – 女体拷問研究所 THE THIRD JUDAS Episode-20 拷虐の遥かな追憶に荒れ狂う秘肉 眠れる獅子が覚醒する蓮獄の昇天 澤村レイコ

女体拷問研究所 THE THIRD JUDAS Episode-20 拷虐の遥かな追憶に荒れ狂う秘肉 眠れる獅子が覚醒する蓮獄の昇天 澤村レイコ

9年前彼女は、特別捜査官としてNSIに配属され、未承認遺伝子組み換え実験の疑惑があった病院へ医師として潜入する。

そこで、その前年に死んだはずの辻丸を発見。

身元の特定に動くが、女研に捕まり、あり得ないほどの快楽拷問を受け、廃人同然となり記憶を失う。

その後、彼女は名を変え、米国で新しい人生を歩んでいた。

しかし、忘れていた忌わしき記憶が徐々に蘇った彼女は、なぜか日本のNSIに戻ってくるのであった…

「女体拷問研究所 THE THIRD JUDAS Episode-20 拷虐の遥かな追憶に荒れ狂う秘肉 眠れる獅子が覚醒する蓮獄の昇天 澤村レイコ」の本編動画はこちらから

女優名: 澤村レイコ(高坂保奈美、高坂ますみ)

9年振り再登場

なんと高坂保奈美時代に出演したドラマの続編です。

潜在意識がかつての快楽拷問を再び求めて…な内容で、このストーリーは大変素晴らしい。

ただ、敵のアジトへ単身乗り込むまでのドラマが簡単すぎます。

もっと時間をかけて、心の葛藤なども描いてからにすれば、もっと迫力があったのに残念です。

プレイも次第に過激さを増しながらエスカレートしていき最高なのですが、プレイが始まると捜査官であることが意味が無くなってしまうのがいけません。

捜査官なのに…ということを、しっかり描くとさらに興奮がアップすると思います。

鼻水はいけません。

あれは冷めました。

セックスの後も、快楽を求める姿がさらに続く…的な映像があるとさらにいいと思います。

また出てください。

ありかな!

もう既に堕ちている自分を確かめたい。

快楽に身を委ねたい女(あえて高坂さん)がこのシリーズのコダワリ?例えば最後まで堕ちたあともアヤフヤにしたいのか、、ツバ吐いたりせずに、、銀次さんの欲しいか?の問いに「男性器oooください」と言わされるような[はっきりとした堕ち方」強い女が堕ちる感が明確でよかった思います.こういう感じ今後も期待しています

特になし

イキっぷりは良いがいつも通りの印象。

何か強いインパクトは残せなかった。

予想通りのため、思ったほど興奮しない。

前作と比べると。

もう一度、このシリーズに出たのが、間違いだと思うのは小生だけでしょうか。

何か期待を裏切られるだろうと思っていましたが、その通りでした。

「女体拷問研究所 THE THIRD JUDAS Episode-20 拷虐の遥かな追憶に荒れ狂う秘肉 眠れる獅子が覚醒する蓮獄の昇天 澤村レイコ」の本編動画はこちらから