【水元ゆうな】非常に惜しい作品。 – あなた、許して…。-隣の男に犯●れて2- 水元ゆうな

あなた、許して…。-隣の男に犯●れて2- 水元ゆうな

桐島夫妻は両親と同居していたが建て替えの間、二人暮らしする事に。

引越しの際手を貸してくれた隣人は優希に、妻に出て行かれた事、職を失った事を打ち明ける。

同情してしまった優希は、強引な男の誘いを断りきれずに…。

「あなた、許して…。-隣の男に犯●れて2- 水元ゆうな」の本編動画はこちらから

女優名: 水元ゆうな

ゆうなさんは奇麗だよねぇ

平均評価が良いだけあって、レンタルして損は無い。

イヤイヤしながら犯●れる顔が最高。

服の上からもみしごかれる図も最高。

鍛えてるに違いない腹筋も最高。

星いちゅちゅ!!

名コンビの本領発揮

ジッタと水元ゆうなのコンビは何作か見ているがその中でも興奮度は群を抜いている。

レ●プされた後に自らジッタの部屋へ・・・やさしくソファの上で愛撫を受けながらゆうな自らキスを求めるシーンはまさに愛し合う恋人同士のようだ。

激しいセックスシーンよりは寝取られ感があり他のセックスシーンを際立たせている。

シリーズ中でも秀逸の作品だ。

ファンです。

昔からのファンなので観てみました。

良かったです。

少し年齢を重ねたなあとは思いますが^^;いろいろ経験したせいか、演技もうまくなってますね。

きれいな人は、いくつになってもきれいだということがわかりました。

いいのだけれど・・・。

このシリーズなら、もっと最初は抵抗があって、無理やりされていく内に、心では拒んでいるものの、身体は快感を欲求してしまう。

そんな自分が許せないが、また快感の誘惑に身を委ねてしまう・・・。

こんなストーリーはマストでしょう!あまりにも安易にセックスしすぎ!!

花岡じった祭り

水元と花岡のカラミ。

拘束やオモチャなどの使用は全くなく、花岡の身体のみで勝負を賭けている。

純粋に、ここまで執拗に、濃密に、カラミをやってのける男優は他にいるだろうか。

加速度的に、水元の身体にハマっていく花岡と、逆に、花岡の身体にハマっていく水元の、数を重ねていく事に濃度が濃くなっていくカラミは実に見事、必見だ。

文句のつけようありません

前作以上にてんこもりの内容です。

前作では後半物足りない面もありましたが、今作は最後までだれることはありませんでした。

主観ですが自分のイメージにあったストーリー、水元ゆうなの人妻役も良かったです。

こういう作品は旦那のみじめさだけが残る役どころも大切ですね(でも少しはやらせてやれよ)。

女優の質がよほど良くないかぎりこのシリーズはこれで完結でもいいと思いました。

いい女優さんですね

エッチな人妻を見事に演じてます。

ストーリーにも無理なし。

表情もいいし、スタイルもいい。

言うことなし。

水元ゆうな ちょっと老けたかな

STORYや展開は花井メイサのとほぼ一緒。

中盤にスローモーションのSEXシーンが入るのも一緒。

女優さんがこっちは細身なんでそこが見所。

あと、男優が花岡のせいか体位に工夫が見られます。

ある意味マンネリといえばマンネリなんですが、演出が上手くなってます。

なんかAV見てる感覚でいるとびっくりするくらいレベル高いところに来てますね。

音楽の使い方や女優の表情の撮り方とかに工夫が見られます。

もう次回作でどこまでレベルアップしてくれるか楽しみになって来てます。

素晴らしい

演技、構成、カメラアングルどれも素晴らしい!特に、「世話好きの人妻が最初は同情から、やがて情欲に染まり深みに落ちて行く」という様が見事に描かれている。

最初のからみもその過程の表現が見事で、声で例えてみると、   いや!→いやぁ→い、あっ→ああっ!という性感の高まりがうまく表現されており、途中体位を変えるために一旦抜いて再挿入する時の人妻の態度の変化もリアルで、水元の演技?に喝采を送りたい。

行為中の花岡のセリフも適切で、「俺もこんな事言ったなぁ」と昔の体験を思い出したw大きく3回に分かれた構成も、人妻の心情の変化がはっきりと、且つ自然に描かれており、なぎら監督の手腕の見事さに、こちらも拍手喝采!また、カメラアングルも、どうせモザイクで見えない結合部のUPなどは必要最低限に抑えられ、その分水元の表情の変化を的確に捉えていて、これにも拍手喝采!ほんと、6点満点を差し上げたい。

『あなた、許して・・・。』基本形確立作品。

今ハマりだし、初期から現在までの作品をランダムに見ていますが、他の方の評価は伊達じゃないってくらい今見ても遜色ないくらい良作です。

水元さんは前から気になっていましたが、こんなに妖艶な女優さんだとは思いませんでした。

ただ、最初の夫の両親と同居している事と自宅の改築までの期間限定のマンションでの2人暮らしの設定が放置してしまったのは残念でした。

あれだけ隣人との情交にのめり込んで義理の両親という一番厄介な存在が罪悪感を増すのシーンがあるのかなとか引っ越した後もこのマンションに妻が通うEDかなとか妄想したけど・・・。

さらに専業主婦なのに夫が帰る時間も隣室に入り浸りってどうなのかなぁ?とか多少原点要素もありましたけど、第5作目という初期作品と考えれば仕方ないのかもしれませんけど。

逆に今の作品に取り入れたら面白いかも。

この作品はAVの枠を超えている

それなりにストーリーがあってとても早送りが出来ない作品である。

水元ゆうなも相変わらず綺麗なオッパイで本当にいい女だと思います。

男優にしても花岡じったはさすがです。

この作品で残念な所は、水元ゆうながじったに堕ちてるのはわかるのですが、体だけの表現であり、言葉での表現がなかった事です。

花岡の家に自ら出向くのですが、本番に入るとほとんど会話がなく花岡が「奥さんも欲しいでしょ」と聞いても無言です。

あえてその様な演技なのかもしれないが、ゆうなにもうちょっと弾けてもらいたかったです。

同情から男を突き離せず肉獄に堕ちていく人妻

[ストーリー]不幸続きの隣人を励まそうとする妻突然押し倒され犯●れ、荒々しさに激しさに魅かれてしまい…縋りつく男を見捨てられず抱かれるために再訪してしまう男汁まで胎内に受け入れてしまう妻男の元に通う妻 総てを受け入れていく…[お勧めシーン]?男の寂しさを慰めたくて男の元を訪れるドアを開けた男と顔を合わせられない恥じらいがGood懸命に愛撫していく妻男は強引に膣内に牡汁を注ぎ込む(0:36)?家事の最中突きつけられる男根従順に咥えていく…(0:55)?自宅へ押し掛けてくる男に総てを許し雄汁を素直に受け入れていく…(1:19)[女優]水元ゆうなさんは超色っぽいです男を狂わせる…そんな女優さんですMの女王様!!超素敵です!!

花岡じった×水元ゆうなの挑戦的「あなた、許して…。」!!

2009年リリースということで、映像もHD化され、グット画質アップしてます。

待ってましたとばかり、なぎら作品十八番の自然光撮影!!でも、他の「あなた、許して…。

」と違う!!本シリーズでは、隣人にレ●プされた人妻が男に魅せられ、徐々にSexに溺れていくというのが売りで、その過程の描写が不可欠。

なぎら監督自身承知の筈が、本作では実に淡白。

ゆうなさん、無言のままひたすらじったさんに抱かれ、彼の「オレに抱かれてイイだろう?」的なセリフばかりが目立ちます。

冒頭の夫との会話シーンではしゃべりまくりのゆうなさんなので、これ、なぎら監督が意識的にやってること間違い無し。

しかし本作を詳細に観ると、ゆうなさんがじったさんに抱かれるシーン、3回あるのが、暗い採光から、段々明るくなるのが分かります。

また、最初顔射だったのが2回目には中出しを許し、3回目にはゆうなさんから「イク!」の声が漏れる。

要は、男への堕ちを映像だけで表現しているのデス。

暗から明の採光で嫌々Sexから快楽Sexへの変化を描写とは。

ヤルねえ、なぎら監督!!加えて、なぎら作品お約束のキッチンイラマ、シャワーSexがないのも意図的と思われます。

「夫の目の前で犯●れてー」ではひたすら犯し、犯●れるシーンの繰返しを観せた花岡×水元のコンビ。

その官能美を追求するためには、余計なものは省くという判断なのでしょう。

なぎらさんをそんな気にさせたこの二人、恐るべし。

また、本作では、不倫の背徳感を無視して、ひたすらSexの悦びを追求してマス。

ラストシーン、夜会社から帰宅して妻の不在を訝る夫。

その隣室では、暗闇の中、座位で自ら激しく腰を上下させて悶えるゆうなさん!ここまで描くのは、本シリーズでは余り無いのでは?ある意味視聴者の批判覚悟ともいえる本作は、花岡じった×水元ゆうなの挑戦作デス。

セックスシーンがいい!

第1作にもどった「あなた、許して…」。

ストーリーの起伏は第1作の方がよかったのですが、隣の男に同情し、からだを許した水元ゆうなの、からみつくようなセックスがたまらなくいやらしいです。

細いからだに大きなおっぱいが隣の男にからみつき、キスを許し、フエラをせがまれます。

「あなた、許して…」と思いつつも、からだを許して反応してしまうセックスシーンには、満足すること間違いなしです。

セックスシーンの出来はシリーズで最高です!

つくづく思うのは、じったみたいな男優は・・・

今後は、また出てくんのかな?ってこと。

Storyは無茶苦茶。

ゆうなは、可愛い?「あな許」は、女優の艶技だけでなく男優の情熱がどんだけかで持ってると思う。

強引だけじゃなく絶対イカせてやるって男優が観たいんだよ。

ちょっとなあ

じったさんがタダの変質者みたいになってしまってて、ちょっと入り込めないですね。

ゆうなさんが体を許す強烈な要素が何かないと、なんで今この二人はこんな関係になっちゃってるのかわからないんですよね。

ちょっとゆうなさんがお人よしすぎるでしょう。

プレイはいいんですよ。

ゆうなさんのフェラのときの上目づかいなんてたまりません。

隣の部屋という設定もありです。

それだけにもうちょっとストーリーがね。

いっそ夫にバレちゃってもよかったかもしれませんね。

そそる。

最近、この「あなた許して」シリーズ、はまりつつあるのですが、で、新旧アトランダムに見ている次第です。

本作品ですが、自分が見たシリーズ中では、ゆうな嬢は、ボディーいいです。

肉肉感が、そそります。

もだえて、体を反らしているところなんか、たまりません。

ストーリーとしては、やっぱ、必須のバスルームシーンが、欲しいです。

キッチンでのシーンもね。

まあ、後のシリーズの他作品では、入ってますけどね。

あと、最後のからみは、最後まで、あった方が、さらに、淫乱度が上がったけどね。

人妻が、一皮むいたら、こんなボディーがあると思ったら、燃えるね。

何回も、したくなるね。

だから、このシリーズ、成立しているのだろうけど。

ゆうな嬢、改めて、秘めエロ(隠し事エロ)!、ピッタリと、感じました。

もう少し羞恥的要素があれば

こういう背徳感のあるドラマ調の感じは個人的に結構好きです。

演技の質も良く女優さんも奥様っぽいんですが…もう少し羞恥的要素が欲しいです、4回ほど絡みがありますが、拒みながら→忘れられなくて→同じ→同じ(シチュエーションは自宅)など、できればストリップなどの軽い調教要素があればもっとよかった。

同名の連作ながらvery good!

同名の連作ながら、第一作に負けずよかった。

今回の水元ゆうなが実にぴったりのキャラクターだ。

やや無表情ではあるが、微妙な心の変化をうまく表現している。

M的な性格とも思える。

bodyがしんなりとしているが、ボリュウム感もあり魅力的だ。

花岡ジッタが前回同様実に欲情のこもった激しいSEXシーンを3回ともバリエーションを変えながら、やっている。

そろそろポルノアカデミー男優賞をやっていいのではないか。

ワンダフォー

[女優]顔良し、体良し、演技良し。

正常位で背中を反りながら悶える様は素晴らしい。

じった氏がうらやましくなる。

[内容]?主人公が嫌々ながら受け入れるカラミ?主人公がためらいながら受け入れるカラミ?主人公が自ら求めるカラミ?~?へ変化していくような展開が理想ですが、今回はそれを上手に表わしてる気がします。

もう少し主人公の心の葛藤や「あなたごめんなさい」という心情を?と?の間のお芝居で見せてくれたら永久保存してました。

[その他]「夫のまえで犯●れて」もそうですが、水元ゆうな、花岡じった、なぎら監督の化学反応は素晴らしいと思います。

この作品を超える「あなた許して」が制作されることを期待します。

あと一歩

女優さんはきれいだし、映像もまずまずです。

ただ3回あるカラミが全て同じような感じで、ストーリーとしての発展性にやや欠けるきらいがあります。

 1回目のカラミは強引、2回目は受け入れ、3回目は積極的という進め方にすれば、おそらくこの作品は最高傑作に値するものになっていたはずです。

このシリーズは、どれも平均以上の力を持つ作品です。

視聴する側が何を求めているのかを考えてもらえば、どの作品も同じストーリーでも構わないと思います。

「犯●れて … 」という感じは、しないけど

この手の作品は好きなんで、「ゆうな」だけでなく、色々な女優の作品を見ているけど―美人ではないけど、全体の雰囲気がナイスです、ゆうな。

しかし、じった、この手の作品での単独出演、多いなあ。

1点オマケの「5」です。

目が肥えていますので★4つ。

【水元ゆうな】は唯一私のAV評価の中で「早送り」しない女優です。

喘ぎ声の良さと、乳房の形の良さ、クンニの時の悩ましい顔の表情は天下一品です。

犯●れるとき必ず「膝に引っかかってぶら下がって揺れているパンティ」はゆうなの一つの象徴でしょう。

また監督の「なぎら建造」も最近の監督の中では秀逸の一人です。

今回の★4つは私の中でのここ1年の中でのこのトリオによる最優秀作「夫の目の前で犯●れて」と比較すると、ストーリー性、カメラアングル、ゆうなとじったの演技表現力をあくまで高いレベルで比較した結果です。

本作も「早送り」はしませんでしたが、続けてもう一回見てみようの「夫の目の前で・・・」のレベルには惜しいかな今一つ届きませんでした。

つまり、ゆうな・じった・建造のエロの三角関係には大きな期待が毎回かけられているのですことを忘れてはいけません。

次回作に大きな期待をしています。

惜しい作品です。

冒頭の夫を愛する妻の表情とラスト近くの夫への秘密を裏に隠した表情の差は、なかなかすばらしいと思います。

ただ、夫との二人暮しを夢見てた奥さんが、なし崩し的にほぼ和姦に近い形で隣人との関係におぼれていくこと、初めての関係した時と、何度も身体を重ねた後でのプレイにあまり差がないというのは、少々リアリティにかける気がします。

徐々に落ちていく感、それがプレーや言動に表れていればいう事なしだったんではと思います。

でも、各シーンのプレイはなかなか激しくて良いと思います。

人妻の色気。。。

スタイル抜群!大人の色気とかわいらしさのある「水元ゆうな」!コンパクトなストーリーと、妄想力を引き出してくれるシチュエーションが良い隣の男(じった)に犯●れ、その快楽に落ちていく人妻!ゆうなの色気が良い。

素晴らしい体をレ●プする

セックスシーンは非常に素晴らしく、花岡じったのパワーも素晴らしい。

願わくば、ストーリーとして、下卑た男なのに無理矢理レ●プされてしまうこと(最初に部屋に入るのをわずかに拒むシーンがあるが中途半端だ)、また、夫がいるのにもかかわらず背徳感たっぷりに心と体が相反しつつも隣家に通ってしまう心情がうまく描き出されていれば満点だった。

編集的にセックスシーンの連続に見えるので、もう少しストーリーとして工夫が欲しい。

非常に惜しい作品。

主演の女優さんは、幸の薄そうなちょっと影があって表情が乏しい感じ。

ただ、それが今作の中でスパイスとなって良い味付けとなり、隣人とのセックスも粘っこくてイヤラシイ。

残念だった点は2つ。

1つ目は主人公である桐島優希って女性が真面目で退屈過ぎる事。

普通レ●プされたら深刻な状態になるのに、元々寡黙な女性なのでレ●プ前とレ●プ後のテンションに殆ど「差」を感じなかった。

2つ目はベロチューがなかった事。

女性の方から部屋を訪れたり、フェラしたり、男の上に乗って腰振ったり隣人に対しての堕ちた演出は多種多様にあるだろう。

でも、個人的に舌を絡ませたキスをする事が1番の堕ちた演出だと思ってるのでそれがなかったのが実に残念。

今作ではキスシーンが豊富にあるが全て隣人発のキスだ。

当作品は総合的にマドンナ作品の「屋根裏に棲む情欲」に良く似てる気がする。

「あなた、許して…。-隣の男に犯●れて2- 水元ゆうな」の本編動画はこちらから