【槇原愛菜】女優の演技もシナリオも良くマンネリ化しない所も高評価 – 美人ウェイトレス公開調教倶楽部 槇原愛菜

美人ウェイトレス公開調教倶楽部 槇原愛菜

バイト先のレストランで番組の取材を受けてから「可愛いウェイトレスがいる」と評判になり、麻衣目当ての客が来るほど。

そんな折、担任だった早坂が客として店に。

久しぶりの再会に会話が弾むが、何か雰囲気が変わっていて…。

「美人ウェイトレス公開調教倶楽部 槇原愛菜」の本編動画はこちらから

女優名: 槇原愛菜

泣き叫びながらの性交の繰り返し

マドンナ社の名作「ストリップ劇場で舞う母」の悲劇版である。

 主人公が客の為に笑顔で脱ぎ、絡みをみせるのがマドンナ社であれば、本作は客の前で泣き叫び乍ら見せる、のである。

 小生は前者の方が好みである。

 本作の主役、槙原愛菜は若くて美人、綺麗な身体をしている。

 カメラがその全裸を美しく撮っているのが良い。

 多数の観客の前であれだけの羞恥演技が出来るのだからAV女優としてはアッパレである。

 アタッカーズの作品は何れも悲劇調で救いが無く、読後感が何とも寂しい。

 終盤にチョットしたアイデアを盛り込むことによって悲劇に終わらせずに未来に光明が見えるような終わり方に出来ると思うのだが、、、。

保坂を起用したのが最大の失敗

槇原愛菜が変態女に変わっていく変化を演じ切れなかったのはご愛嬌としても、相手男優に保坂を選んだのはミスキャスト。

槇原が放尿までして頑張っているのに台無し。

街で可愛いと評判の麻衣がマゾ堕ちするまで克明!これぞ秀猥作★6

麻衣を犯したのは恩師の早坂!悲嘆に暮れる彼女を変態教育してから目も耳も封じ手を縛り、変態が集う怪しげな所に連行ここが何処なのか?尿意は限界!股を寛げてお漏らしする途中で気配を感じ目隠しを退けるそこには仮面をした観衆が痴態を凝視し楽しんでいる泣き叫ぶ彼女は噴射を抑えられない!カクテル光線の中で白黒をされてどよめきを頂く悲嘆に暮れる彼女に貞操帯を嵌め更に貶める早坂は仲間と一緒に店に行き遠隔操作でもっと追込む!下からのカメラが良い振動に倒込む彼女…あの舞台に連れて行かれて輪●される鏡を見つめて薄紅引く怪しい感情が芽生え始めた麻衣はとうとう自らステージに上りストリップを披露するが途中から男達に脱がされる最後の一枚まで彼女の手でやらせた方が良かった!ここは残念愛菜嬢は脚がスラリと長く、根元は薄毛で綺麗な方ですC372さんの紹介通り台詞も脚本等も丁寧で素晴らしい

変態を楽しむ

美人ウェイトレスとしてTVで紹介された愛菜ちゃんが,中学生時代の男教師の目をつけられてしまう。

「変態を楽しむ」ことを標榜する教師。

中学時代の愛菜ちゃんに目をつけていたのかもしれない。

千載一遇のチャンスを逃さない変態教師。

一気に,愛菜ちゃんのオ〇ンコを頂き,中出し。

おとなしい性格の愛菜ちゃんは,どんどん教師の変態路線に染まっていく。

公開調教は,男女の客たちの見ている前で下半身丸出し,M字開脚・オ〇ンコぱっくりさせて放尿するところから始まる。

開脚したまま,自らの指でオ〇ンコを開き,客たちに,オ〇ンコの奥までさらし,濡らしてしまう愛菜ちゃん。

「変態を楽しむ」会に嵌ってしまった瞬間である。

女優の演技もシナリオも良くマンネリ化しない所も高評価

突如侵入してきた元教師に元教え子の女優は迫真の演技でレ●プされてその興奮度と緊張感は高い。

何やら調教を受けたらしい女は再度夕刻犯●れる。

精神的に追い込まれていく描写も丁寧で目が離せ無い。

限界の尿意を訴え放尿を始めると目隠しを取られ観衆の視線と歓声に気付かされ、止められ無い放尿の絶望感と同性も居る観衆に性器を開いて見せる羞恥は良く表現されている。

舞台で結合部も露わに犯●れる様子も被虐感に溢れている。

翌朝女はリモコンローターと貞操帯を装着され、職場では時にローターを起動され刺激され虐められると、夜は再度舞台で複数に嬲られる。

そして観衆の眼前で結合部を晒して犯●れ続け、哀しみ中快楽に酔う。

ラストも良く犬神涼はアタッカーズで最も信頼できる監督になった。

「美人ウェイトレス公開調教倶楽部 槇原愛菜」の本編動画はこちらから