【春菜はな】ショタコン好きなら買って損なし – ママシ●タ実話 春菜はな

ママシ●タ実話 春菜はな

姉夫婦の息子を預かることが多かった人妻はな。

家に来る甥っ子を、はなは自分の息子と同様に可愛がっていた。

だがそんなはなの想いとは裏腹に、甥っ子は柔らかくて大きいはなの爆乳が気になり、はなに淫らな感情を芽生えさせていたのだった。

隙をついてはなの爆乳を触る甥っ子。

そしてその欲望は徐々にエスカレートして…。

「ママシ●タ実話 春菜はな」の本編動画はこちらから

女優名: 春菜はな

今回は

春菜はな 役柄によって、よし悪しがハッキリするタイプだが今回は、ハマッテます。

あのショタの甘えん坊的な感じで、爆乳を弄るようすは、春菜はなの爆乳が丁度良い感じ!Hシーンも春菜はなの感じっぷりが、なかなか良い表情を出しており興奮出来ます。

それにしても無理矢理^^;

色んな無理は百も承知だが、それにしても無理矢理だなぁ^^; ここまであけすけ過ぎると、興奮できるものも出来ないですよ。

押しつけがましい誘惑ビームの連続に白けました。

もちろん相手はヤリタイ盛りの元気チ●ポ君だから、分かり易くていいのかも知れないが^^;もっと偶然とか覗き見るとか、そういったハプニング的な要素を盛り込んで欲しかった。

春菜はなの母性を感じさせるエロさ、むちむち体型と爆乳はもちろん良かったが、演出面に不満があるので、この点数。

ショタコン好きなら買って損なし

甥が叔母の家に預けられ、叔母の巨乳を見て性に目覚めるというお話。

希少なおばショタ作品を出してくれて感謝したいです。

叔母が寝室で甥に女の体の仕組みを説明するところがとても興奮してしまいました。

もう少し長く見たかったなー。

全体的にはまずます満足しました。

おばショタ好きなら買っていいかもです。

改善してほしい点ですが、まず胸の谷間の見せ方があまりにも昭和っぽい。

胸が大きすぎてブラウスのボタンが自然にはずれて谷間が丸見えになってしまうという発想はとてもよい。

しかし、甥との最初の出会いから谷間を丸出しにしておく演出は残念過ぎる。

最初はブラウスのボタンを上まできっちり留めて谷間が見えないようにしておき、トランプ遊びをするために叔母が屈んだ瞬間に「偶然」ボタンが外れて突然胸の谷間が見えてしまい、その時初めて甥が叔母の巨乳に気づく。

甥が谷間をガン見しているのに叔母が気付いて慌てて胸のボタンを留めるという演出の方がより興奮できると思う。

ユーザーはショタ目線で作品を観ているので、ショタの立場に立ったらどうすればエロいか考えながら演出をしてほしい。

甥の目の前で息子に胸を好き放題もませるのは不自然かと。

息子が普通に叔母の肩を揉んでいる時に、テーブルの下越しに甥が叔母の下着を覗いて興奮して床オナしてしまい、それに息子が気付いて指摘されて恥ずかしい思いをしてしまうというほうがよいかと。

どうせなら、甥のいない部屋で叔母が息子の性処理をしているのを甥が偶然覗いてしまい、性に目覚めてしまうという設定はどうだろう。

それをネタに甥が叔母に性処理を迫り、叔母が拒否すると自分の母親にいいつけると脅して性の手ほどきをしてもらうという流れのほうが面白いのでは。

息子と甥が勉強している横で下着姿で生着替えを見せるという演出も残念。

叔母の胸を見て興奮した甥が、叔母が自分の部屋で着替えているのをこっそり覗くほうが、いけないことをしているという背徳感が感じられると思う。

台所で15分間も延々と胸をもませ続けるのは退屈で早送りしてしまった。

あと、初めての性交で童貞が胸に外出しのような高度な芸当ができるだろうか。

中出しして叔母に怒られるというのが自然かと。

あまりにも簡単に胸を揉ませすぎて、叔母の背徳感、罪悪感があまり感じられないのが残念だが、貴重なおばショタものなので、星4つとしました。

「ママシ●タ実話 春菜はな」の本編動画はこちらから