【安野由美, 夏目優希】2作品を見たが激しい絡みは最高 – 年下レズビアンに愛された私 安野由美 夏目優希

年下レズビアンに愛された私 安野由美 夏目優希

結婚して20年。

遂にマイホームを購入した由美は、夫と娘と3人で順風満帆な生活を送っていた。

しかし、たった2週間で夫が単身赴任で転勤。

苛立ちを抑えられない由美は、パート仲間の大学生・優希に愚痴をこぼしていた。

引っ越ししたばかりで右も左も分からない由美に、優希はいつも優しく接してくれた。

この時、由美はまだ知らなかった。

優希の想い、優希の狙い、そして、もう二度と夫へは、男へは戻れないことを。

「年下レズビアンに愛された私 安野由美 夏目優希」の本編動画はこちらから

女優名: 安野由美, 夏目優希

ドラマ部分「だけ」丁寧に作られている。

ジャケットの二人はとても綺麗に映っているけど、作品の中の二人はワンランクダウン。

メイクも雑だし、その上顔のアップが多いから、その雑な部分が目立つ。

しかも、ジャケットのように女性同士の綺麗なエロスを感じるシーンは少なく、獣みたいな絡みばかりである。

その上、絡みシーンは何故か光量が少なく、暗いシーンばかり。

おまけに、右上には邪魔なロゴが終始出続けている。

ジャケットを見た時はとても期待したのだけれども、期待外れもいいとこだった。

ドラマシーンだけは、丁寧に凝って作っているんですけどね。

AVなんだから、絡みシーンもしっかり作ってほしいですね。

すごお~いぞよ。

安野さんいきつぱなしつて感じですよ。

フアンにはたまらない作品です。

イヤ一つとかむり~とかは、よく聞くけどごめんなさい~♪は、はじめてですね。

ただ夏目さんの露出度が少なく夏目さんフアンにはもの足りないかもー。

丁寧に作られた純愛レズドラマ

パート先の若い同僚(夏目)によるレズテクニックに人妻(安野)が次第に堕ちていく模様をテーマにした170分のレズドラマ。

本作はまず配役が奏功している。

夏目さんの演技上手は定評があるのに対して、安野さんはどちらかと言えば否定的な方が少なくないと思われる。

しかし、本作では二人とも濡れ場以外の場面でも、ちょっとした表情や仕草などを交えて非常に巧く演技している。

もちろん、実用性は高い。

さらに制作者もいいものを作ろうと丁寧に努力したことがうかがえた。

個人的に驚いたのが、合計4シーンの濡れ場で、1番目と3番目では夏目さんはイカないだけでなくほとんど脱いですらいないこと。

これが他のメーカーだと全てのシーンで両者ともにイク筋書きになって、結果的にどのシーンも変わり映えしないものになることが多い。

また、音楽も非常に効果的に使われていて、特に最後のシーンは今後も二人の関係が続いていくことを予感させるものとなっている。

文句なしの星5つ!

とにかく安村さんが 良かった

それにストーリーも一つ言えば同じプレーが多いのかな?それがマイナス?一つです

雑に作られています。

夏目優希さんのファンですのでとても期待していましたが、ダメな作品でした。

小山監督はレズ作品を作るのが下手なので心配していましたが見たらその通りでした。

ムダな編集やカットが多用され、また、部屋を暗くして撮影するなど、ガッカリです。

安野由美さんのファンならいいでしょうが、良質なレズ作品を求める方は購入してはいけません。

2作品を見たが激しい絡みは最高

よく有る年の差レズ作品でも最高作品に入るでしょう。

年下の娘に激しく攻められて何度もイク光景は勃起ものです。

2作目の作品の正上位貝合わせが無いのが残念です、

「年下レズビアンに愛された私 安野由美 夏目優希」の本編動画はこちらから