【卯水咲流】喘いで開きっぱなしの口 – 夫の目の前で犯●れて 卯水咲流

夫の目の前で犯●れて 卯水咲流

沙織(卯水咲流)の幸せな夫婦生活を一人の孤独な強●魔が悪夢へと変えていく!抗う為の理性は失われ肉欲の餌食に成り果てる若妻。

感情とは裏腹に秘穴から滴り落ちる淫らな密液…アナタごめんなさい…。

「夫の目の前で犯●れて 卯水咲流」の本編動画はこちらから

女優名: 卯水咲流

美しい顔ゆえに達成感

高嶺の花の小顔美人を寝取りたい。

そういう願望欲望を満たしてくれるストーリーでした。

夫の配役はさておき、男優吉村の日陰人生が、この女性のお陰で艶のあるものに変わっていくさまは感情移入できました。

逆の視点もしかり。

男と女は、結局体の相性。

お金じゃなく、精神論でもなく、肉体でダメ男におぼれていく主婦の姿がリアルですね。

この女優さんは平常時の顔が美しすぎるだけに、あえぎ顔は、マイナス0.5点とは思いました。

四捨五入で5点満点です。

次はもっと美しいアクメ顔みせてください。

咲流が「ヤラレる」作品は、初めて見ました

AV女優は「ヤラレっぷり」がよくないと、生き延びるのは難しいですね。

AV作品自体が、陵●系が多いんで…。

咲流は聡明で、AVperformanceのsenseがniceで、「ヤラレっぷり」もniceでした。

こんないい女なら、吉村じゃなくても…。

吉村のガツガツぶり、nice。

ただ咲流って、喘ぎ顔がブス顔になってしまい、その点はいつも残念に感じているけど、ま、これは咲流に限ったことではないので…。

それと喘ぎ声が絶叫調なんで、ヤラレているときは控えめだけど、その気になってからは、ちょっとウルサイぐらい。

普通の絡みでもね控えめにすればいいのになぁ。

1点オマケの「4」です。

なかなかの秀作

とにかく美形なので、それだけで十分だったのですが、ドラマ設定の作品もイケますね。

ちゃんと女優してて演技もよかったです。

出演できる作品の幅が広がりましたね。

寝取られモノにありがちな、他の男にヤられながら旦那とがっちり目が合う・・・というシーンはなくソフトめな仕上りでした。

とにかく続けて欲しい女優さんですね。

見ないと損

細かい感想は他の方が書いてるんで、僕が刺さったシーンを1つだけ紹介。

二回目のフェラが終わり口内射精旦那から電話がかかってくる焦燥した妻が「はい・・」と出た瞬間にドロリと口から精液が溢れ出したシーン。

その前の男優の「全部吸うんだ!!」含めて良かった。

部屋に入るまでは「田中くん、部屋に入れてくれ!」とドアフォンで懇願していたオッサンが、部屋に入ると仁王立ち、妻は正座して何をされるかを覚悟している・・随所で見れるこだわりを感じる演出がとても良かった。

ぜひ見て下さい。

最高です

ドラマ仕立ての場合は学芸会以下になりがちな作品が多い中。

女優男優共に演技力が高く、内容に入り込めます。

顔見知りが強●するというリアリティも良し。

最初は嫌がっているのが最後に落ちるのも良し。

最後の絡みの丁寧なフェラがいきています。

満点です。

落とされていくドラマ物に咲流ちゃんはむいてますね。

卯水咲流は端整な顔立ちの美人だが演技もうまい

かつて世話になった上司が今は落ちぶれて、ちょっとした同情が心の隙となって体を許してしまう。

これは本来「あなた、許して」シリーズの典型であったが、今回このシリーズに用いられ、2つのシリーズの違いは最後に夫にばれるかどうかだけになってしまった感がある。

このシリーズも、夫が縛られて無理やり行為を見せつける場面が多かったが、最近は夫は見ただけで崩れ落ち、精神的ダメージで身動きが取れないという光景が多くなった。

今回の卯水咲流だが、演技はどこかで習ったのだろうか、日常の場面もしっかりお芝居していて、顔射で精液だらけの顔から寝室で鏡を覗く顔に変わり、夫に真顔で嘘をつくが罪悪感を滲ませた表情も見せる。

堕ちていく演出もうまい。

卯水にはもっとドラマに出て欲しい。

「あなた、許して…。」第13作灘ジュン版のリメイク

灘ジュン主演で同じく吉村卓が元上司の古紙回収業者と出会って落ちていくという『あなた、許して…。

 道場から生まれた愛情』をうまく利用したリメイク作品。

よって、このシリーズの定番である犯罪者から襲われる設定ではなく和姦的な面があるソフトさが特徴といっていい。

夫が帰宅して目撃するシーンで吉村が復讐目的があったかのように笑いながら責め続けるところが、やや『夫の目の前で…』的とも言えるが、ラストシーンで吉村の回収軽トラックに買い物帰りらしき卯水咲流が乗り込むのを見ると、はたして夫はどう折り合いをつけたのか気になるところで、『あなた、許して…。

」的な終わり方になっている。

『あたな、許して…。

」シリーズ番外篇として楽しめた。

いつものパターンと違い、いい感じ

卯水咲流が主演で吉村卓が犯人で役処は元上司で廃品回収をし落ちぶれた感じを出し→卯水が同情し吉村を家に入れ→凌●の筋で、感じとしては「あなた許して」に近くて、前半「10分」~ソファーで凌●。

次は和室で→ここは吉村から懇願されフェラで口内発射とソフトで、中盤以降はいつもとほぼ同じキッチンでイラマ..シャワーでのストップモーションとつづき、最後は夫が腰を抜かす所も工夫があり、卯水は指マンで潮吹きやイク声も大きくて、ラストは吉村の車に誘われ乗る所は夫より吉村の方に心が向き、凌●一辺倒じゃなくて違う感じを出しよかったです。

大変に良い

個人的には、もう少し乳房が盛り上がっていればなお良し…という感想ですが、それを補うに十分な演技力を高評価しました。

内容は本シリーズ、同じようなストーリーですが、次は「あなた、許して…」に出演して欲しい女優さんです。

寝取られ作品としてはまあまあ

胸は小さいが、とても良い表情をする女優さんで好きです。

寝取られ作品にありがちな予定調和が随所に見えて「この監督さん慣れてるな~」的に冷めて見えてしまう所が残念。

アダルト映画としては文句つけようの無い作品ですね。

自分的にはもっと荒くて、リアリティあった作品の方が臨場感があって抜けて好きです。

元上司から懇願、調教される美人妻

卯水咲流さんが美形の人妻を演じているのが、最大の魅力である。

日常の普段着姿がきれいで、AVシネマ女優として十分通用する。

撮影の陰影も美しい。

どちらかというと若妻といった雰囲気で、絡みで人妻というほどの溢れる色気はあまりないが、彼女の場合はこれでよいのだと思う。

元上司に懇願されて、徐々に体を開いていくという展開で、あまり粗暴な場面がないことにも、好感できる。

ただ、誰かの幸福を収奪することによって自分が満たされる物語となっている点において、現代の格差社会、日本の状況を反映しているのかもしれない。

カス作品。編集すると見どころたった5分24秒

カスの男優吉村と アホのアタッカーズってこと。

両者とも砕け散ってほしい。

見どころといっても 光が差し込み見づらいしもアホの吉村が顔全部を股間に押し付けながら、永遠なめてるので 全くみえず。

吉村卓絶賛!

卯水咲流を差し置いて吉村卓の強烈な責めが印象的だった。

定番のア〇ル舐めは佐川銀次より激しい、下品に舌先を入れようとまでしてる。

花菱責めも噴き出した潮まで吸引、舐め上げも逝くまで止めない。

卯水咲流も崩壊、悲鳴を上げ悶絶状態に。

ビッグスリーの中で唯一、レギュラーサイズ、テクでカバーしてるのが見て取れた。

卯水咲流の清楚な人妻に対して、厭らしい吉村卓を指名したのは正解だった。

吉村が気に入って相性が良い女優の時、汁の量が半端ない。

夫が浮気現場に登場しなきゃ「あなた、許して・・・」と見間違う。

画面が暗い

咲流が、廃品回収業をしている元上司に犯●れ、堕ちていく。

咲流はファーストレ●プの段階で結構感じていた。

吉村に迫られ、「困ります」と言いながらも押し切られてしまうのはよかった。

ただ、全体的に画面が暗い。

また、日光が反射して咲流の裸がよく見えなかったりする。

前半は露出も抑え目で咲流の全裸が見られるまで1時間近くかかる。

クライマックスの夫の目の前で犯●れる頃には既に完堕ちしているので、単に浮気現場を見られてしまったという感じだ。

悪くはないが、興奮度としては普通かな。

中出し風はいらない

卯水咲流の顔と声が好きで視聴してみたが、内容は灘ジュンの劣化版でガッカリ。

【難点】?最近増えている中出し風。

ロマンポルノじゃないんだから、確り秘唇から精液が流れる所を見せて欲しい。

ダメなら顔射で十分。

?最後のシーン。

男が車で横付けしてるのに、夫が普通に帰宅するのはおかしい。

?夫が老けすぎ。

?二度目と三度目の絡みの差がなさ過ぎる。

?携帯が無駄に使われてる。

?灘ジュンと同じなら、妻が元上司宅へ行くのも同じにすれば難点?が解消できた。

【良点】?演技が上手かった。

?顔射が奇麗だった。

?乳輪が好み卯水咲流の良かったので☆3

喘いで開きっぱなしの口

人妻に扮した卯水咲流を●す設定です。

小さな美顔をデカチンでイラマチオされますが,攻めフェラが凄い女なので,受けでも強いです。

いいフェラ顔だ。

そして,スレンダーで引き締まったボディーを貪られ,レ●プされますが,全裸でのシーンは,肉体美とも魅せられます。

しかも,当然のように,オ○ンコは感じてしまいます。

喘いで開きっぱなしの口からは,ヨダレが垂れ,ここでもエロい口性器を披露。

最後は,夫の目の前で犯●れて・・・,それでも喘いでしまう。

卯水咲流は,フェラが抜けるので,今後,フェラ中心のAVに出演してほしいです。

「夫の目の前で犯●れて 卯水咲流」の本編動画はこちらから